「どんこのすり身汁」のつくりかた

調理手順写真1 調理手順写真2 調理手順写真3
どんこは、うろこを取り除きます。   頭部分を取り、内臓を取り出します。内蔵は肝臓(キモ)を残してあとは捨てます。   身を3枚におろします。
調理手順写真4 調理手順写真5 調理手順写真6
身のハラス部分を取り、皮を身から取り除きます。(ハラスは肝臓を入れ煮付けても美味しい)   身、肝臓を水洗いし、肝臓は不純物を取り除きます。   身2切れと肝臓1〜2個を、塩、水少々を加えて約10秒ミキサーにかけます。
調理手順写真7
  • どんこすり身汁の味は、味噌・醤油・塩などが代表的です。
  • 大根やにんじん、長ねぎ、豆腐などを具にすると、より美味しく召し上がれます。
  • 材料をミキサーにかける際は、身2に対して肝臓1の割合が美味しいです。
    (つなぎは必要ありません。肝臓はお好みで入れてください。)
  • だしを取るには、黒口浜の昆布がおすすめです。
    ご入用の際は当漁協にお問い合わせ下さい。
すり身の完成。好みの大きさに丸め、鍋の具としてお召し上がりください。

「戸井で獲れる魚」のページに戻る